TOP>目次>アロマの素敵な暮らし
 

アロマの素敵な暮らし

IFA認定アロマセラピスト森安めぐみが、アロマセラピーのさまざまな魅力をご紹介。

Vol.15

アロマ&お掃除


Date:2008.09.01

今年の夏は本当に暑かったです。早朝からチリチリした暑さで大変な毎日でした。私は、春も夏も好きは好きなのですが、ここまで暑いと、さすがに嫌いになってしまいそうでした。この夏は、動物が体を休めるように静かに過ごすか、暑さを吹き飛ばすために朝から晩まで「お掃除」ばかりをしていたように思います。
会社の夏休みの4日間に「夏の大掃除」を行い、すっきりした気分で9月を迎えています。玄関や下駄箱、キッチンまわり、棚の整理整頓など、1日に掃除するところを1箇所に絞り、徹底的にキレイにしました。 意外なことに、お掃除の時こそ、アロマセラピーが大活躍です。リラックスばかりがアロマセラピーではありません。香りのもとが詰まったエッセンシャルオイルを使った、楽しいお掃除法をご紹介しましょう。

【1】水拭きができるところには…
バケツに水を入れて2~3滴のエッセンシャルオイルを垂らし、よくかき混ぜてから雑巾を絞る。雑巾洗いやお掃除をしながら香りも楽しめて、やる気もアップ。さらにエッセンシャルオイルの消毒作用が、清潔感をもたらします。
★レモン、オレンジ、グレープフルーツのオイルがおすすめです。

【2】下駄箱には…
拭き掃除をした後、ティッシュやコットンに数滴のエッセンシャルオイルを垂らして隅っこに置く。消臭効果もあります。
★ローズマリー、ラベンダー、ユーカリプタスのオイルがおすすめです。

【3】冷蔵庫には…
水拭きをする際には、殺菌効果の高いエッセンシャルオイルを使ってみましょう。
★ティートリーのオイルがおすすめです。

皆さんもモヤモヤしたら、アロマを使った「お掃除」を始めてみませんか。一番身近なところで、心のデトックスができるはずです。がんばって掃除をした日には、自分にご褒美をあげることも、お忘れなく。

 

Vol.16

植物を育てる=自分を育てる


Date:2008.09.08

私は、会社や自宅で植物を育てるのが好きで、週に時間を作って、お手入れをしています。自宅には、息子が小学生の時に旅行のお土産に買ってきてくれたサボテン、某フラワーマーケットの何種類ものアイビー、シュガーパイン、アスパラ、鉢の形が面白い小さなサボテン5つ、ふわふわのエアープランツ(空気中の水分で育つ植物)など。お手入れを始めたら1時間はかかってしまうほど、たくさんの植物があります。この子たちに、あれこれ話しかけながら、お手入れをしている私を見る息子の視線が冷たい……

しかし植物たちは、伸び具合や葉っぱのツヤ、水や肥料の加減などを気にかけてあげた分だけ、青々と茂り、ツヤっぽく元気な姿を魅せてくれます。これが、私には楽しくてたまらない気分にさせるのです。
花や植物を育てることは、自分自身を育てることでもあるといいます。私たち人間も、元気のない人を気にかけてあげたり、頑張っている人を温かく見守ったり、遠くで見守ってくれる人に思いを馳せたり。何か見えない力かもしれないけれど、そんなものがきちんと伝わる気がしてなりません。

弊社のショールームにも、いつも青々と元気でいるものや、なかなか環境に馴染めなく枯れてしまうもの、とても傷つきやすいもの、そんな植物たちがあります。「日光もあたらず風通しも悪い所で、よく頑張っているなぁ」という思いでいっぱいです。
植物が元気に成長するその場所は、見ていて癒される気分になります。植物を置いてお手入れをするだけで、そんな空間を創れるのは、とても素敵なことです。自宅のお部屋と同じように職場にも気を使って、手を抜かずキレイにしていきたいと思います。
また、自宅のベランダは運気を補充する場所ともいわれています。邪気や悪い気が入ってくるのをシャットアウトするには、「音の鳴るものを吊るす」または「トゲのある植物を育てる」のも良さそうです。 この秋から、自分を育てるつもりで何かひとつ育ててみませんか。