TOP>目次>アロマの素敵な暮らし
 

アロマの素敵な暮らし

IFA認定アロマセラピスト森安めぐみが、アロマセラピーのさまざまな魅力をご紹介。

Vol.17

秋の気配


Date:2008.09.24

今朝の空は澄みわたり、日差しに、風に、匂いに、秋の気配を感じます。「あれがあなたの好きな場所、港が見下ろせるこだかい公園……」で始まる某歌手の名曲が、ふと頭をよぎりました。その公園にどうしても行きたくなり、行ってみることに。
公園から見える景色は以前とはだいぶ変わっていて、大きな建物や道路、橋で埋めつくされ、港が見える面積がほんのわずかになっています。景色の移り変わりと月日がずいぶん経ってしまったことを感じつつ、一枚の絵を見るようにしばらく眺めていました……すると、学生時代の懐かしい出来事や子育て中に息子と来たことを次々と思い出しました。あの噴水に息子が入ってしまって驚いたこと、ベンチに座って人々の往来を眺めるのが好きだったこと。あの時のありふれた思い出が、私のまわりにめぐっていきます。

今日は、行ってみたかった公園内のレストランで、わずかな海を見ながら友人と食事をしました。古い佇まいのレストランは清潔で、とても心地よい雰囲気。1つずつのテーブルに活けてある花々。野菜をたくさん使った丁寧なお料理。ホスピタリティが感じられる人たち。肝心の味は美味。それは、友人が主食のパンを残さず食べたことで証明されています。お料理がおいしいと感じないとパンやご飯を全部食べない友人のクセを見て、思わず嬉しくなりました。締めくくりに飲んだ紅茶やコーヒーもおいしくて、二人で「いいお店だったね」と感動。心から「また来たい」「この場所に身をおきたい」と思いました。もしかしたら、古い思い出が私をそんな気持ちさせてくれたのかもしれません。
さりげない秋の訪れを感じることができ、「港の見える丘公園」を後にしました。


 

Vol.18

キンモクセイの香り


Date:2008.10.07

今の季節、あちこちでキモンクセイの香りが漂っています。弊社の前にもキンモクセイの木が1本あり、窓を開けていると、とても良い香りが入ってきます。誰もが一度は嗅いだことのある香りだと思います。花言葉を調べてみると「謙遜」「真実」「変らぬ魅力」とあり、さりげなく咲くキモンクセイのイメージにぴったりです。この香りが漂う季節になると、遠い昔を思い出す人も多いのではないでしょうか。私はいつも、幼い頃に姉と一緒に、落ちたキンモクセイの小さな花を集めて遊んだことを思い出します。

先日、このキンモクセイの香る中、「セルフケアに活かす緑の癒しの力」という講演を聴いてまいりました。英国キューガーデンで園芸を学んだ園芸家の方、森林養生法に取り組んでいらっしゃる心療内科の医師の方、「このガイドさんに会いたい100人」に推薦された自然ガイドの方の素晴らしいお話に出会うことができました。
皆さんのお話しをお聴きして思ったことは、それぞれの専門分野で植物の力(緑の癒し)を肌で感じ、私たちが本来持っている自然治癒力を高めていくことを実践されていることでした。「第一線で働いている人こそ、なんらかの自然療法が必要」「私たちの生きる力がどんどん落ちてきている」と。私も大いに、共感できます。感情をコントロールする五感を刺激することで、自分自身を癒し、強くしていくのが良い方法だということがよくわかります。悩んでも解決しないことがある時こそ、思い切って緑豊かな森を訪れてみるのが良いのかもしれません。まずは、自分の好きな「森」に出会うことから始めていきたいです。
そして、今、目の前にあること、目の前にいる人を大事にして、「念」を入れて生きていこうと心静かに思う一日でした。